OESからのお知らせ

気になる鍼灸治療

やっぱり効くのか!?

鍼灸の効能は、あるのでしょうか?

「鍼は精子の質を改善し、男性不妊克服の助けになるかもしれない」

というレポートがアメリカのFertility and Sterrility Journalの05年7月号に掲載されています。

この調査では、鍼が造精と運動性を改善できたとしています。

28人の男性不妊患者に対し、週に2回の鍼治療を5週間に渡って受けるグループ、12人の非治療のグループとに分け比較をしてみました。

研究を始めるときと終わったときの精液を分析し、鍼治療を受けたグループで意義深い改善があったと報告しています。

それは、鍼治療が精子の構造異常を少なくし、精液量も増やすことに関係したのではないか、しかしその他の精子の異常、例えば精子の発育や死んだような精子については改善は得られなかったというものだった。

そして鍼治療は、精子の質を上げることができる簡単で、また痛みのない方法だとも言っています。

日本では、05年6月に鍼治療を受けていた不妊症の女性585人のうち176人が妊娠し、この176人中102人がAIHやARTでの妊娠、36人が自然妊娠だったという記事がありました。

またこの36人中、追跡調査のできた13人において、6人が過去に自然妊娠しながら流産を経験していたことがわかり、もともと妊娠できる潜在力はあったこともうかがえてたとしています。

「男女ともに効果がある?」とされる鍼灸治療。

自分の全身状態を整える意味で、体に合えば効果は高いのかもしれません。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP