花まつり(お釈迦様生誕日祝い)福厳寺

お釈迦様の生誕日祝いのために、愛知県小牧市の福厳寺の花まつりに行ってまいりました。

 

 

 

花まつりとは一般的に、灌仏会(かんぶつえ),降誕会(ごうたんえ)とも言われ、お釈迦様の誕生の日を記念して行う法会です。

 

毎年4月8日に行われております。花御堂を作り,中に誕生物を安置し,甘露を象徴する甘茶を像にかける風が一般的です。

私もお釈迦様に甘茶をかけさせていただきました。

 

お釈迦さまは生誕直後に七歩歩いて右手で天を指し、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言った、とされています。

この像はその時の御姿です。

 

 

そして、以前に紹介させて頂いたのですが、この福厳寺は大愚元勝和尚※大愚和尚についてがご住職をされております。

したがって法要は大愚和尚によって執り行われたのですが、その後のお食事会で、なんと大愚和尚が登場され会話をする機会を頂くことができました。

いつもYoutubeでしか拝見できなかったのですが、実際に会話をしてみて、笑顔が素敵な心の温かい方で、Youtubeで観たままの素晴らしい方で感動しました。

 

 

仏教聖典にサインを頂きました。

 

 

生きとし生けるものの繋がりを大切にし、世の平和を願ったお釈迦様。

お釈迦様が伝えた、よい人間になるには「良い行いをし、悪いことをしない。心を清らかに穏やかに保つ」ことだそうです。

 

法要後は、すっかり心が浄化し晴れやかな気持ちになれました。

 

今日は、お日柄もよく気持ちのよい一日でした。

 

関連記事

  1. 男性専用サプリメント

最近の記事

PAGE TOP