検査手順

検査手順

OESで行う精子検査手順を簡単にご紹介いたします。

kensa-flow-pic01

1.精液の確認

精子原液の形態を確認する。
※精子頭部の形態の判断が困難な場合はマイクロスケールを用いて確認作業をすることがあります。

flow-ar

kensa-flow-pic02

2.精子を確認できない場合は・・・

精子を確認できない際は、遠心分離機により沈査し検査する。

flow-ar

kensa-flow-pic03

3.希 釈

専用の器材を使用し正確に希釈する。

flow-ar

kensa-flow-pic04

4.精子数のカウントの準備

計算盤へカバーグラスを設置し、ニュートンリング(カバーグラスが虹色に輝く状態)を行う。
希釈した精液10~15マイクロリットルを計算室に毛細管現象を利用し注入する。

flow-ar

kensa-flow-pic05

5.精子数のカウント

計算盤の指定された区画の精子を全てカウントし精子濃度を算出する。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP